GOODBOY.愛犬と過ごす楽しい日々

ゴールデンレトリバーのラルフ&クレア&リアンのブログです

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

いつでも会える

先代ゴルが居た頃、ネットを始めて間もなく友達の紹介でJRMLという
レトリバー犬種限定のメーリングリストに入りました。
wanと暮らすことが初めてで無知だった私は、そこでいろいろな知識を学び、
沢山の仲間と出会うことができました。
初めてのオフ会に参加した矢先...先代ゴルはインスリノーマという膵臓の悪性腫瘍に
侵されわずか4才5か月で天国に旅立ちました。
「こんな悲しい思いをするのなら、もうwanを飼う事はできない」と思っていた私に、
MLの仲間は励まし勇気づけ、そしてもう一度戻って来て欲しいと言葉をかけてくれました。
そんな仲間が居てくれたからこそ、今のラルフを迎える事ができたのです。

ここまでは前置きです。本題は長くなるかも...


MLはその2年後に解散しましたが、ネットという有り難い環境があるお陰で
みんなの様子をHPから、たまに覗くことができました。
そんな中、先日NORIさんのHPを見てムックが虹の橋を渡ったことを知り驚きました。
ムック...血管肉腫だったそうです。まだ7才と4か月...
NORIさんとはその当時、とても仲良くさせてもらっていました。
家が近かったこともあり、お散歩したりいっしょにオフ会の準備をしたり...
「カメラでwanを撮る」たのしさを教えてくれたのも彼女でした。
先代を亡くした時も、会っていっしょに泣いてくれたね。そして1冊の本
「いつでも会える」をそっと渡してくれました。あの時はありがとう...

ムックの闘病生活はmojimojiとMemoに詳しく書かれていて、何度も読み返しました。
今でもムックとNORIさんの気持ちを思うと、涙が止めど目なく流れてきます。
癌からくる痙攣と全身硬直...傍に居て何もしてあげられない悔しさ、辛さ...
私も経験していて、痛い程わかります。
ムックの姿が先代とラルフ、両方と重なりとても切ないです。

そしてNORIさんの「大切な家族といつかは一緒に通る道を怖がらず恐れず、
今を幸せでいっぱいに過ごしてね」というメッセージがこころにズシンと響きました。
ラルフと過ごすこれからの生活を...もう一度考え直してみようかと思います。

18.jpg

パルコでLOMOのギャラリーを開いた時の写真です。上の一番左がムック、
その隣が9か月の頃のラルフ。ムックの祭壇にはこのパネルが飾られていました。

かわいいムック、シャイで甘えん坊でやさしくていい子だったね。
これからもパパとママとずーといっしょだよ。瞼を閉じればいつでも会えるから。
関連記事

| 日常 | 11:32 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

お知らせ、ありがとう。

懐かしいね、↑の写真!
もう、ずいぶん昔のことのように思うけど・・・
そうだよね。昔のことなんだよね。
ムックもラルフもシータも歳とったんだよね。

7歳なんて、ちょっと早すぎる。
ムックの分まで、ラルフやシータが元気で長生きできるように。
何ができるのか、今一度考えなくちゃいけない時期かもね。

同じレトリバーだから、これからも情報交換してね。

| ふゆりん♪ | 2006/12/15 23:29 | URL |

ほんと、懐かしいね~あれからアッと言う間だったけど...
でも思い起こすと、いろいろな出来事があったね。
6~7才が折り返し地点だと思って、わたしたちのできる
これからのケアを真剣に考えなくちゃね。
先代の時のように、悔いだけは残したくないと思ってるよ。
こちらこそ、いろいろ教えてね。情報交換お願いしま~すm(._.*)m

| ちゃみ | 2006/12/16 21:47 | URL |














PREV | PAGE-SELECT | NEXT