GOODBOY.愛犬と過ごす楽しい日々

ゴールデンレトリバーのラルフ&クレア&リアンのブログです

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

最後の言葉

ラルフが旅立った日のこと。

思い起こすと辛くて切なくて
涙が止まらなくなるけど...

IMG_7232_20130906155713215.jpg

ラルフが立派に生き抜いた姿を
しっかりと胸に刻み付ける為にも
このブログに綴りたいと思います。



________________________________

その日の朝はしっかりと顔を上げ
みんなが起きてくる様子を
じーと眺めていたラルフ...

みんなが仕事に行ってから
徐々に容態が悪くなり
その後に昏睡状態になりました。

不安な気持ちでラルフに寄り添い
電話で主治医からの指示を受け
「もう少しでお父さん帰ってくるからね。
今日はお姉ちゃんも来てくれるよ。」
と声をかけ続けました。

家族がひとりづつ帰ってくると
意識を取り戻しその度に顔を上げ
誰が帰ってきたかを確認して
家族5人全員が揃ってから
ラルフは旅立つ準備を始めました。

呼吸が荒くなると酸素ボンベを吸い
少し落ち着くのを繰り返し...

その間はみんなで
「ラルフありがとうね。よく頑張ったね。
みんなラルフのこと大好きだよ!
ずーとずーと一緒だよ!!」
とラルフを撫でながら声をかけました。

そのうちにラルフが鼻で
酸素ボンベを嫌がる仕草をして
私と娘達に主人が
「静かに」と言った瞬間...

ラルフは「あぅーあぅーあぅー」
と何かを話したように声を出し
すべての力を出し尽くした後

ラルフの瞬きが止まり
呼吸が止まり
心臓もゆっくり止まっていきました。

暫くハウスに隠れていたクレアが
この瞬間だけ近寄ってきて
ラルフの匂いをかいでいました。

ラルフは最期まで命を全うし
私達に「最後の言葉」を残し
立派な姿で天に還っていきました。

________________________________

関連記事

| ラルフ | 23:41 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT